埼玉県川越市にある通信制、単位制高校
副校長のつぶやき

[副校長] 虚構の国

『 虚構の国 』   どこぞの国で、国家のリーダーを選ぶ選挙が近々行われる。選挙戦では、お互いに罵り合い、自分の主張こそが正しいと論戦を張っている。そのなかには、真実もあれば嘘もあると聞く。第三国と手を組んで、 …

[副校長] 数字と名前

『数字と人名』 アメリカのトランプ大統領がコロナ感染による入院から3日で退院した。時は大統領選挙戦の最中。それも終盤。なので、一刻も早く退院し選挙活動を再開したかったとの見立てもあるが、大統領としての責務を全うしたいとの …

[副校長] 授業

『 授 業 』 政治経済の授業を参観した。テーマはお金の話。お金とはいったい何なのかを考え授業を進めて行く。担当の先生は、今年教壇に立ちはじめたばかりの新人で若手。とは言え、大手企業で営業経験を持つ逸材だ。 自分の経験や …

[副校長] バトン

『バトン』   高校三年生にとって、夏は希望進路を実現出来るかどうかの大切な季節。本校でも就職や進学希望者が補講や面接練習に、炎暑の中を登校していた。私も面接練習を覗かせてもらった。生徒たちのどの顔にも緊張と不 …

[副校長] 欧州書簡

『欧州書簡』 或る年の夏、ヨーロッパを旅する機会を得た。私にとっては初めてのヨーロッパである。出発までには、学生時代にかじったドイツ語でも勉強し直しておこうと考えていたが、一学期が終わって直ぐの旅行だったため、十分な準備 …

[副校長] 家庭と子供と学校

『家庭と子供と学校』 学校が再開されて2週間が過ぎた。登校する生徒の様子を見る限りでは、学校再開に向け心配していた事は全て杞憂だったようである。授業の出席率も高い。休業中のレポート課題の提出状況も良好。暫く学校生活から遠 …

[副校長] 学校再開

『 学校再開 』 緊急事態宣言が解除された。いよいよ学校に生徒の笑顔が戻って来る。3月から全国的な規模で始まった臨時休校は、実に3ヶ月余りに及んだ。この間、各学校では様々な取り組みが行われた。プリントによる課題配布、授業 …

[副校長] マリ=アリスの鏡

『 マリ=アリスの鏡 』   まだ構想の段階だが、こんなお伽話を考えた。 とある田舎に人好きな男がいた。男は周囲の者たちの愛情に包まれて育ち、将来は自分も人々に愛情を注げる人間になりたいと思いながら成長していく …

[副校長] 職人

『 職人 』 師走二十八日。厳冬の喜多院。早朝にも関わらず、多くの人で賑わっている。この寺で毎月一日だけ開かれる骨董市の日だ。仕事の関係上、私が足を運べるのは、年に数回しかない。小遣いの許す範囲内で気に入った物があると買 …

[副校長] 蒼い季節(とき) ⑤

蒼い季節(とき)  ⑤ 「大学はどこですか?」。学生時代にアルバイトの面接や合コンで、この質問を何度もされた。その度に少しだけ体が緊張するのを感じた。 私が学生時代を過ごしたのは、私鉄沿線にあるいわゆる普通の大学。そのた …

1 2 3 9 »
PAGETOP
Copyright © 霞ヶ関高等学校 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.